2009年07月04日

CFDの歴史 CFD取引の誕生

CFD 歴史 証券CFD イギリス 初心者入門

CFDの歴史とは?


今日は、CFD取引の歴史について触れたいと思います。


1990年代 イギリス

CFDは1990年代のイギリスにおいて誕生しました。


CFDは最初、機関投資家達の間で流行となりました。


一説にはCFD取引を利用すると印紙税を払わなくてよかったことが影響しているといわれています。


先物取引や信用取引などもそうですね。


で、


CFD取引発祥のイギリスのロンドン証券取引所ではなんと、


金融取引の約30%ほどがCFD業者によるCFD取引です。


完璧にメジャーな商品なわけですね。


日本ではFX同様にひまわり証券がCFDでも国内初CFDサービスを開始しています。


それが確か2005年でしたね。


その後、CMC Marketsが2008年に日本国内に進出してきました。


このCMC Marketsはイギリスに本部があります。


CFD業界では世界ナンバー1といっても良いですね。


svc証券、内藤証券、オリックス証券、岡三証券等も今では参入しています。

posted by CFD証券取引が面白い at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CFD取引ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。