2009年07月05日

株式CFD 取引概要 商品概要 ひまわり証券CFD

CFD ひまわり証券 株式CFD 取引概要 商品概要


ひまわり証券の株式CFD取引の取引及び商品概要です。


ひまわり証券はFXのパイオニアとして知られています。


実は、


CFDでもパイオニアなのです。国内限定。


そのひまわり証券CFDの取引概要です。


CFD商品カテゴリー株式CFDの場合


株式CFD


取引方法は、インターネット及びモバイル


主な取扱銘柄※対象銘柄数は随時変更される可能性アリ。
・東京証券取引所やニューヨーク証券取引所といった世界の主要な14の証券取引所の5000銘柄以上の上場株式や海外ETFを取引できます。


取引単位(倍率)は、各市場の単位株から。


ひまわり証券オンライン取引での取引にかかる費用
・取引手数料は0円
・ミニマム・チケットフィー(最低手数料)は発生する可能性アリ。
・為替コスト(両替手数料)は発生した時点の為替レート(インターバンクの気配値)に±0.5%(平成20年5月末日現在)を加算して全て自動的に日本円へと両替されます。


スプレッド
・東京証券取引所の場合、気配値の0.2%分が上乗せされた価格となっています。
・他の証券取引所の上乗せ分は取引システムで確認できる。


必要証拠金
総取引代金の5%〜100%(銘柄ごとに8段階のリスクレベルに分かれており、それぞれに証拠金率が設定)


金利(日歩)は発生します。


レバレッジは1〜20倍


口座の維持費用は無料
posted by CFD証券取引が面白い at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CFD取引できる会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。